「ものづくり交流場」の設立

Project

「ものづくり交流場」の設立

近年とても発達してきたデジタルファブリケーション機器は、大量生産品では成立しない、地域や個人の小さな「あったらいいな」に応えるものづくりを可能にします。
そこで、こうした機器を地域の人が気軽に利用できる場を板橋区内にほしいなと考えました。

プロジェクト概要

プロジェクトの概要

プロジェクトでは、デジタルファブリケーション機器を使って楽しむことを広めながら、長期的な目標として機器を備えた交流場の設立をめざします。
ただし、私たちにとってデジタルファブリケーション機器は場の主役ではなく、あくまでコミュニティを豊かにする強力なツールです。
皆がいて楽しいから集まる、ついでにもの作りもできる、そんな地域の交流空間をめざしています。

プロジェクト内容

(1)数年のスパンでの「ものづくり交流場」(仮称)の設立に向け、設備や場の検討を進めます。
(2)場所は「箱」に過ぎず、場を機能させるにはコミュニティを育てることが重要です。「ものづくりを通じた人の交流」を活性化するため、自作プレゼントをつくるワークショップなどを開催します。
(3)同時にメンバーが外部の団体や個人に「プレゼントを作って贈る」活動を行います。これは、プレゼント制作を通じて、メンバーの技能を高めるとともに「こんなもの作れるんだ!」という驚きでデジタルファブリケーション機器に関心を広げてもらうための企画です。
(4)現在のプロジェクトメンバーはデジタルファブリケーション機器に精通しているわけではないため、これを大いに遊んで制作技術を高めていきます。

プロジェクトの効果

初期段階としてはワークショップなどを通じて、3Dプリンタなどのデジタルファブリケーション機器に触れる機会を提供し、気軽で高品質なものづくりの体験を増やしたいと思います。
長期的には、そうした機器を扱える場所を設立し、ものづくりをさらに身近なものにしたいと思います。

実現したい地域像

デジタルファブリケーション機器を備え、地域の人が気軽に利用できる場所をつくりたいと思います。また「手作りプレゼントを贈ろう」という企画などを中心に、地域の幅広い世代の人が、互いの望みや悩みを知ろうとし、ものづくりを通じて助け合える機会を増やせるといいなと考えています。

プロジェクトスケジュール

現時点の活動予定は次の通りです。
2019年4-6月 ワークショップやプレゼント活動の開催準備期間。
2019年7-9月 ワークショップを開催。プレゼント活動、技術トレーニングも進めます。
2019年10月以降 上記等を継続しながら場作りを本格化。

団体概要

私たちの活動母体は、特定の法人や団体ではなく、有志のメンバーで集まって、それぞれの役割を考えて行動するプロジェクト形式です。