アトリエえんじゅく

Project

アトリエえんじゅく

障害のある方たちの表現活動の場として、アトリエえんじゅくを始めました。
障害のある方たちは、日ごろ思いのままに表現をすることに制限がかかることがよくあります。せめて、表現活動の中だけでも、自分の想いのままを表現できることを意図した場を作っています。ここには、障害のある方だけではなく、自分が想いのままを表現したい子どもから大人までが集まり、活動をしています。
※えんじゅくギャラリーから、プロジェクトの内容をアトリエえんじゅくに変更しました。

プロジェクト概要

プロジェクトの概要

障害のあるなしに関わらず、子どもから大人までが集まり、それぞれが好きな表現活動を行います。
そこに、専門のスタッフがつきます。基本的には好きな表現のフォローをするだけで、指導ということはあまり行いません。その方の可能性を引き出すために、様々な提案をします。

プロジェクト内容

・日時 月2日間 10時~12時 13時30分~15時30分 の2時間ずつ
・対象 子どもから大人まで
※会費を払って参加してもらっています。(様々な事情で会費を払えない方への支援を必要としています)
・展示会 作品の成果発表会を年に1回行います。

プロジェクトスケジュール2020年度
7 月18 日( 土)・19 日( 日) 
8 月29 日( 土)・30 日( 日)
9 月12 日( 土)・13 日( 日)
10 月17 日( 土)・18 日( 日)
11 月14 日( 土)・ 15 日( 日)
12 月26 日( 土)・27 日( 日)
1 月16 日( 土)・17 日( 日)
2 月20 日( 土)・21 日( 日)
3 月20 日( 土)・21 日( 日)
※午前の部 pm10:00 ~pm12:00 /午後の部 pm13:30 ~pm15:30

プロジェクトの効果

アトリエ活動に参加する方の中には、表現活動にとどまらず、作家として仕事になっていく画力のある方もいます。そういう方は個人では仕事につなげられない場合が多いので、私たちがプロデュースをしていく予定でいます。そうなると、福祉的就労と言われる作業所からもらい工賃だけではなく、もう少し豊かに暮らす収益がもらえることで、その方たちのできることの幅が変わってきます。

実現したい地域像

何かの制限のある中で我慢して生きていくのではなく、お互いの足りないところを補い合って、豊かに暮らせる地域ができることを望みます。

プロジェクトスケジュール

〇えんじゅくギャラリー
・展示の3か月前くらいまでに企画
・展示開始前日にキュレーターと支援者が作品展示
・展示は約1か月
・作家本人、支援者などが在廊(大体、金,土、日 11時~16時)
※在廊できる人がいないときは実行委員が在廊

〇えんじゅく市
・3か月前に企画内容考案、出店者声かけ
・前日準備
・実行委員は当日の準備、撤収

団体概要

おおきな木 加藤 未礼

板橋で障害者福祉施設のコンサルティング事業を10年前に立ち上げ、現在板橋だけではなく、神奈川、千葉、群馬など関東近辺の福祉施設の課題解決に関わる個人事業を営む。コンサルティングの内容は、障害のある人の特性などを活かした商品づくり、カフェなどの立ち上げ、運営、アート作品のプロデュースなどに関わる。

〇TREE2 林よしえ

デザイン事務所、設計事務所勤務を経てフリーランスで紙媒体のデザイナー、シルクスクリーン作家として活動。手仕事とプロダクトの狭間を意識した作品創りと対話のきっかけになるようなデザイン作りを心がけている。おもに福祉施設での創作活動・商品デザイン企画、中小企業・神社などに、地域コミュニティーにかかわるコンセプトデザインを提供している。


活動報告